La Jeune Parque

1958

「若きパルク」

Paul Valéry(ポール・ヴァレリー)

Lithographie

ヴァレリーの傑作とされる、このアレクサンドランの長編の詩は、運命の女神、パルクが夢うつつの状態から太陽とともに覚醒するまでの意識のさまざまな状態を、官能と精神との微妙な交錯を歌い上げたものである。この本の装丁はすべてマリアンヌの母親の手作りである。

210116-6744-44.jpg
若きパルク
press to zoom
若きパルク
press to zoom
若きパルク
press to zoom
若きパルク
press to zoom
若きパルク
press to zoom
若きパルク
press to zoom
若きパルク
press to zoom
1/1