About

この小さな記念館は、フランスの芸術家マリアンヌ・クルゾーの作品、
愛用していた家具、そして彼女の蔵本を常設展示しています。
作品を日本で展示することを望んだマリアンヌの友人の支援を受けて設立されました。
展示されている作品を見たり、芸術、文化、文学に関する本を読むこともできる「プライベートアトリエ」のようなところです。

This small museum presents a permanent collection of works by French artist Marianne Clouzot, some furniture, and books from her personal library. It was established with the support of friends of the artist, who wished to have her works displayed in Japan.
The museum is like a private atelier where visitors can appreciate works of art at leisure and enjoy reading books on art, culture, and literature.

マリアンヌ・クルゾー略伝

Timeline

1908年(0歳)
8月6日、パリ近郊のル・ヴェジネで、アンリー・クルゾーとイヴォンヌの第二子として誕生。

1918年(10歳)
ギャラリー・ドゥヴァンベのl’Exposition de la Victoireに出品。
初めて絵が売れる。父親から水彩画の手ほどきを受ける。

 

1920年(12歳)
ジョルジュ・ルパップ展でガッシュの世界を知り水彩や鉛筆画をやめる。
父親がガリエラ美術館館長となり、美術館に移り住む。父親が初代シネクラ
ブ会長となる。芸術に囲まれた、幸せな幼青年期を反映する、多くの作品制作。

 

1923年(15歳)
装飾美術学校(l’Union centrale des Arts Décoratifs)に入り遠近法を学ぶ。

 

1925年(17歳)
アール・デコの国際展に参加。
ピアニストとなる姉、マリ=ローズと共に、「ガリエラ・クラブ」を作り、ピカソの恋人となるドラ・マルコヴィッチ、アンドレ・ブルトン夫人となるジャクリーヌ・ランバ、著名なインテリア・デザイナーとなるシャルロット・ペリアン等多くの友人たちと音楽やダンスに興じ、若さを謳歌する日々。100枚以上のパステル画やガッシュを制作、展示。

 

1927年(19歳)
モーリス・デュフレーヌのアトリエ「ラ・メトリーズ」に一年間在籍。画家になろうとろうと決め、アンドレ・ロットのアカデミーに入る。

 

1932年(24歳)
ギャラリー・シャルパンチエで特別展。ジャーナリズムにも好評を博する。
服飾デザイン界にも参加し、著名なデザイナー、ジャック・ハイムと共に活躍。

 

1939年(31歳)
第二次世界大戦が始まり、父の故郷ニオールに移住。戦時中の物質不足で、ガッシュによる小さな風景画や田園生活情景を制作。

 

1940年(32歳)
版画展 le Salon de l’Imagerie に出品。苛酷な状況下で、創作活動は増す。

 

1941年(33歳)
パリのギャラリー・ド・ベリで肖像画中心の個展。
アンリ・ルフェーヴルの依頼で、フランシス・ジャムの『三つのコント』の挿画に着手し、豪華限定本のイラストレーターとして第一歩を踏み出す。 父親の逝去。

 

1943年(35歳)
「ヴォークリューズでの一年」展に加えて6つの展覧会に参加。ポール・ヴェルレーヌの詩作品を版画化し、限定出版。著名な陶芸家、ポール・プーショルと一緒に陶像や陶彫の制作を始める。

 

1950年(42歳)
豪華本のための版画制作を続ける一方、子供用の絵本のイラストを始め、1975年までに85冊出版する。

 

1952年(44歳)
超豪華本、『ソロモンの雅歌』の自費出版。

 

1954年(46歳)
木版による、豪華本『ジュピターの変身』を自費出版。

 

1958年(50歳)
リトグラフによる豪華本、ヴァレリーの『若きパルク』を自費出版。

 

1959年(51歳)
ルイーズ・ラベの『ソネとエレジー』をビュランによる版画で豪華本にする。コレットの『アルジェリア人とモロッコ人の手紙』の挿画に31枚のエッチングを、豪華本『ポルトガル尼僧の手紙』に20枚の版画を手掛ける。またミストラルの『ミレイユ』を50枚のガッシュで描き、ステンシルで仕上げる。

 

1966年(58歳)
サン・ポール・ド・ヴァンス、ナント、スイスのローザンヌで個展。

 

1972年(64歳)
モザイクによる造形を学び、スケールの大きな作品に着手。

 

1974年(66歳)
抽象的なコラージュを始める。単刷版画を使用しておとぎ話のイメージを制作。

 

1976年(68歳)
パリのギャラリー・ストラフォールで、小鳥や人魚の金属模型の展覧会。母親が91歳で逝去。

 

1978年(70歳)
32年ぶりに油絵に着手。スペインのバルセロナとスイスのローザンヌで個展。

 

1983年(75歳)
芸術文化勲章(シュヴァリエ)を受章。再びパステル画に着手。

 

1984年(76歳)
パリのジュリオ・バルザッチイの画廊で、1918年10歳から1940年戦時中に至る広範な回顧展を開催。

 

1985年(77歳)
ジュリオ・バルザッチィの画廊で、戦後から1985年に至る、版画、陶芸、モザイク、パステル、油絵、デッサン、金属の彫刻、コラージュや単刷版画等多様なな作品の、第二回目の回顧展。

 

1990年(82歳)
ギャラリー明日香が大阪及び神戸で個展。

 

1995年(87歳)
フランス、ニオール主催の、彼女の70年に及ぶ芸術創作活動の重要な回顧展。この企画を記念する本、『沈黙の音楽家』Musicienne du silence 発行。

 

2004年(96歳)
芸術文化勲章(オフィシエ)を受章。

 

2005年(97歳)
ステンシル技法で豪華本、アンデルセンの『人魚姫』(フランス語版)を出版。

 

2006年(98歳)
豪華本『人魚姫』(日本語版)を出版。
ステンシル技法でロンサールの『カッサンドルの愛』を出版。

 

2007年(99歳)
7月20日、トゥールに近いレ・エルミットの、姪のドミニックの別荘で逝去。

 

2010年(没後)
京都嵯峨芸術大学で個展。

 

2019年
京都にマリアンヌ・クルゾー記念館開設。

1908

Born on 8th August as the second daughter of Henri and Yvonne Clouzot in Le Vezinet near Paris.

1918

The Devambez Gallery in Paris presents her drawings at the Exposition de la Victoire. Her father starts teaching her watercolour techniques.

1920

She discovers gouache painting at an exhibition of Georges Lepape and decides to give up watercolour and crayon drawings.

Henri Clouzot is appointed Director of the Galliera Museum in Paris and the family moves to the museum. Her father becomes President of the first French Film Society. 

She produces a great number of works reflecting her happy childhood and youth surrounded by art.

1923

She studies design and geometric perspective at the Union central des Arts Décoratifs.

1925

She participates at the Art Deco International Exhibition in Paris.

With her sister Marie-Rose who is a pianist, they create the Galliera’s Club to enjoy music and dance with friends like Dora Maar (Picasso’s lover), Jacqueline Lamba (Andre Breton’s wife) and Charlotte Perriand (world-famous interior architect). She produced over 100 pastels and gouaches depicting this joyful life.

1927

She studies one year with Maurice Dufresne at the Maîtrisse. Having decided to become a painter, she enters Andre Lohte’s academy of art.

 

1932

The prestigious Charpentier gallery in Paris organizes a solo exhibition of her works and she obtains good reviews in the press. 

She enters the world of fashion design to work with famous couturier Jacques Heim. 

 

1939

World War II begins and she moves with her family to Niort, her father’s hometown. Owing to the lack of material during the war, she starts making small gouache landscapes and scenes of rural life.

 

1940

She presents her works at the Salon de l’Imagerie and her creative activities increase in spite of the war. 

1941

The Galerie de Berri in Paris organizes a solo exhibition of her portraits. The publisher Henri Lefebvre asks her to illustrate Francis Jamme’s Three Tales marking the beginning of her career as an illustrator of limited-edition deluxe books. Her father Henri Clouzot dies.

1943

She presents her works in a solo exhibition “A year in Vaucluse” and participates in six other exhibitions. She illustrates with engravings a limited edition of poems by Paul Verlaine.

1950

While continuing to engrave deluxe limited editions, she starts working with Hachette to illustrate children’s books; from 1950 to 1979, she illustrated 85 books. 

1952

Publication of a lavish deluxe limited edition of The Song of Songs.

1954

Publication of a deluxe limited edition of the Metamorphoses de Jupiter illustrated with woodcuts.

1958

Publication of a deluxe limited edition of La jeune Parque, illustrated with lithographs.

1959

Publication of a deluxe limited edition of Love Sonnets and Elegies by Louise Labé illustrated with burin engravings. 

She illustrates Colette’s Notes algeriennes et marocaines with 31 etchings and makes 20 engravings for a deluxe edition of Letters of a Portuguese Nun. She also makes 50 gouaches to illustrate with pochoir a limited edition of Mireille.

 

1966

Exhibitions of her works in Saint Paul-de-Vence, Nantes, and Lausanne (Switzerland). 

 

1972

She learns mosaic art and undertakes several large-scale works.

1976

Exhibition of her metalwork representing birds and mermaids at the Strafor gallery in Paris.  Her mother passes away at the age of ninety-one.

1978

After thirty-two years, she takes up oil painting. Solo exhibitions in Barcelona (Spain) and Lausanne (Switzerland).

1983

The French Minister of Culture promotes her to Knight of the Order of Arts and Letters.  After a long period, she takes up painting with pastel. 

1984

Julio Barzachi’s gallery in Paris organizes a retrospective exhibition of her works spanning twenty-two years (1918 to 1940).

1985

Julio Barzachi’s gallery organizes a second retrospective exhibition ( post-war period to 1985) comprising a wide variety of works:  prints, ceramics, mosaics, oil paintings, pastels, drawings, metal sculptures, collages and monotypes.

1990

The Asuka gallery organizes solo exhibitions in Osaka and Kobe.

2004

The French Minister of Culture promotes her to Officer of the Order of Arts and Letters.

2005

Publication of a deluxe limited edition of Andersen’s The Little Mermaid using pochoir technique.

2006

Publication of the Japanese a deluxe limited edition of Andersen’s The Little Mermaid and Les amours de Cassandre by Pierre de Ronsard, illustrated with pochoir technique.

2010

Exhibition at Kyoto Saga University of Art.

マリアンヌの母親【撮影時期不明】

マリアンヌの母親【撮影時期不明】

赤ん坊のマリアンヌ【撮影時期不明】

赤ん坊のマリアンヌ【撮影時期不明】

母に抱かれる幼いマリアンヌ【撮影時期不明】

母に抱かれる幼いマリアンヌ【撮影時期不明】

撮影1925年

撮影1925年

撮影1927年

撮影1927年 ガラエラのテラスにて

撮影1962年 ラ・シャクニエールにて

撮影1962年 ラ・シャクニエールにて

撮影1968年

撮影1968年

ボルドーの南 レ・ランドにて【撮影時期不明】

ボルドーの南 レ・ランドにて【撮影時期不明】

【撮影時期不明】

【撮影時期不明】

075-708-6774

 〒606-8421

京都府京都市左京区鹿ケ谷法然院町41−1

Tel:075-708-6774

開館日:金・土・日・月 

※展示替えなどで休館することもあります。

【撮影時期不明】

【撮影時期不明】